ファミリーれすとらんで「おまかせ3,675円」

先日、奥さんと一緒にお昼に行った「ファミリーれすとらん ひろせ」さん。
職場でそのお店の話をしていたら、急きょいつもの飲み仲間で行くことになりました。

「え!ちょっと遠いんちゃう(汗)」

なんていう心配もどこ吹く風で、当日は飲まないというKhさんの運転で行くことになりました。
開始時間を7時と、少し遅めにしてOK! 職場からは1時間半ほどかかりますからね。
って、職場(滋賀)から大阪に行くより遠いのかあせあせ(飛び散る汗)


メンバーはHa姉御と餌釣り師Nomさん。運転してくれるKhさんと、若いHnoさん。大学からの腐れ縁のMim君の6人。以前、瀬田のおごじょに行ったメンバー+1です。
お魚大好き(歳で肉が食べられない人も含む)メンバーですから、今回の情報発信である私は少し心配だったりして。 (; ̄ー ̄A アセアセ・・・



さて、大した渋滞もなく19時前には北小松駅前に到着。
店の外観を見て皆一様にに驚くのを見て、私としてはにっこり。この外観とのギャップがいいのです(笑)
ファミリーれすとらんという魚料理とはミスマッチなネーミング。
なんら料亭の趣も感じさせない、田舎の食堂風の外観。

これらすべてがここからのギャップに有効に働くのです ( ̄ー ̄)ニヤリッ

中に入るとテーブル席は満席。
「や、いっぱいやん。」

すでに外観からのギャップに驚きの声も聞こえる (*^-゚)vィェィ♪


奥の和室にとおされると、6人にぴったりの空間がセットされていました。

ビールとウーロン茶を注文した後、早速出てきたのは・・・

120824_1849~011.jpg

いきなりだ~! YAH♪☆0(^^0)*^^*(0^^)0☆♪YAH
毛ガニ、アサヒ蟹、ワタリガニ。沖縄から取り寄せというアサヒ蟹は見るのも食べるのも初めてで期待大。ほかのカニは佐渡島から来てるようです。
しょっぱなからみんなの心をつかんだようです。やっぱり、カニって偉いよな~。

アサヒ蟹は、あっさり淡白な味で、みんなは白身魚みたいと表現してました。珍しいので大人気。
毛ガニもワタリガニも濃厚な味でおいしかった~。 
(^_^)( ^_)( ^)( )(^ )(_^ )v(°∇^*)⌒☆イエイ


120824_1904~011.jpg  120824_1909~011.jpg

続いてお造りと煮魚。

お造りは近畿地方ではここでしか食べられませんよっていうお姉さんの言う「ハガツオ」と「ツムグリ」

そして、煮魚はツムグリ(写真下側)とキジハタ

今回は聞いた魚の名前をいちいちメモしておきましたので大丈夫です(笑)

どの魚の名前も知らない名前ばかりで、「へ~」「ふ~ん」って感じで食べてたんですが、どれも美味しい。
ツムグリは煮魚よりも刺身の方がみなさんお気に召したようですが、私は日ごろ煮魚はあまり食べないにもかかわらずこの煮魚は両方ともおいしくいただきました。

120824_1928~011.jpg

続いて出てきたのは焼きサザエ。身の先っぽが白いのはオスで緑色がメスなんだそうです。
私がいただいたのはオスのようですね。ちなみに味は同じだとか。
知らなかったな~。 (‐”‐;)

120824_1930~011.jpg

次は焼き魚。フエダイ
身が柔らかくて、すごい脂がのってる ぐ~♪ d(* ̄o ̄)

120824_1948~011.jpg

白エビのかき揚げはみんなが気になっていたメニューだったこともあって、出てきたときには歓声が上がったんですよね。
で、私の感想としてはここまでしっかりした個性がる魚が出てきたもので、あまり特徴のないてんぷらを食べたような気分  ゴメンなさい・・・(´_`illi)

120824_2003~011.jpg

ご飯ものとして、お寿司が3貫(キハダマグロ、アオリイカ、富山エビ)出てきました。
これは前に寿司御膳をいただいたときに経験済みなのですが、やっぱりおいしい!

ここまでこれだけ食べたのに美味しいんですから、さすがですよね。
一応、3,675円のコースはこれにデザートのプチケーキが出て終了なんですが、まだおなかに余裕があったのかもう一品お願いしたようです。

120824_2009~011.jpg

へダイキダイの酒蒸し

これも珍しい魚ですね。お店の方のサービス精神がうかがえます。

なお、こちらで飲める日本酒は萩の露のみ。お隣、高島市の福井弥平商店の銘酒です。
こちらも強かいただきました。

季節が季節なので冷酒が一番おいしかったです(って、どんだけ飲んだんだかあせあせ(飛び散る汗))。

6人で均すと6,500円ほど。おいしくいただきました。

ちなみに、このおまかせコースを5,000円にしたらどうなるのか聞いたところ、魚の種類が変わるということで、単に品数が増えるわけではないということでした。
いや~、それでもこの3,675円のコースでも十分楽しませていただきましたけどね。

ごちそうさまでした~。


絶対、また来る。 (´ェ`*)ネー





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック