板取川 二日目(リベンジ)

ストレスのない朝!
普段ならまだ夜が明けきらないうちから目が覚めてしまうのに、今日は隣で寝るGunちゃんのいびきも気にせず6時過ぎまでグッスリ。

宿のご好意で、部屋が余ってるからと4人を2人×2人の部屋で用意してくださいました。
ItaさんもNomさんもゆっくり寝たようで(おっさんはミンナ朝が早い)、すっきりした顔で既に起きてました。
そのうち、Itaさんが散歩に行くというのでご一緒したのですが、朝はやはり寒くて、ダウンを着ているItaさんに後は任せて早々に帰る。

朝食は7時30分から用意していただき(ホントは8時かららしいのですが)、

170423_0715~0111.jpg

ふむふむ、朝はいたって普通だな・・・と、思ってたら
170423_0719~01111.jpg

朝からメッチャお腹いっぱいだし(汗)
コーヒーも淹れてもらってゆっくり・・・・、イヤ、そそくさと準備を始めるNomさん。
宿のご主人から入念に釣り情報を聞き出し、明石谷に行くとの事。

宿の皆さんにおもてなしのお礼を言って、ItaさんとGunちゃんを残し早々に出発するのでした。
結局、昨日はNomさん以外は釣果はなかったのですが、Itaさんたちがアマゴに遊んでもらった話を聞いて、虹鱒ではイカンのだと言わんばかりにやる気を出してるNomさん。

宿のご主人に聞いたにもかかわらず、迷い迷って明石谷に着きましたが、既に先行者あり。
大阪ナンバーの餌釣りか(汗)

しばらく様子をみてると一匹釣ったもよう(劇汗)

あわてて車を少し離れたところにとめて、入渓する。
昨日の本流に比べると、やっぱりこっちのほうがフライにはいいような気もします。
でも、木の枝が張り出しているのは同じで、ワタシなんて第一投目で後ろの枝にフライをとられた(撃沈)

それでも、小さな落ち込みの脇に小さな溜りがありましたので、白っぽいクイルパラシュートを落とすと。
30cm・・・は、ないけど、良い型のアマゴがゆっくり浮いてきてフライをじっくりみてアタック!

これはキッチリいただいたと思って合わせをしたんですが、魚は乗っていませんでした(泣)。
フライを黄色のエクステンデッドボディに交換して再挑戦しても同じように見に来てアタックするものの乗りません。
3度目は尾っぽで蹴ったように見えたから、見切ったのかもしれない。

最初で最後でした。

Nomさんは残念なことにこの川ではアタリがなかったようです。
それよりまず、花粉症対策しておかないとズルズルの鼻では集中もできなかったでしょうけどね。
お昼までもうしばらくあったので、昨日と同じ谷に入っているGunちゃんの居る川に。

170423_1114~0111.jpg

電話で聞いてみると、昨日と同じ場所に居る2匹のアマゴを狙っているらしいのですが・・・。
そりゃ~、魚に遊んでもらっているだけでしょ、ってことかな。

宿の近くの本流との出会いあたりで釣っていたItaさんをひらって、昨日と同じお蕎麦屋さん「清流蕎麦」へ。

170423_1210~0111.jpg
今日はざる蕎麦の大です。

ご主人が覚えていてくれて。「釣れましたか?へえ、そう。ハハハ。」

達観されてますな~(笑)  フー ( ̄‥ ̄) = =3

昼食後、既に悟りを開いた3人は温泉につかり、まだ俗世に浸りたいGunちゃんは先ほどの渓に引き返していきました。
釣果?  お察しの通りです  ( ̄ー ̄)ニヤ...

釣れはしませんでしたが、ナカナカ楽しい釣行でした。
皆さん、家族を連れてあの民宿にもう一度来たいなどとも申されておりました。
帰り道で「モネの池」で有名な根道神社を通り過ごしましたが、ブームは過ぎたとはいえまだまだ渋滞が起こるほどの人気でしたよ。

さて、二日間、車なしの不自由をかけた奥さんにはお土産を買って帰りましょう。
職場の皆さんには今回はないのよ(4月は何かとものいりで金欠なんです)ごめんなさい。

花粉と泥でどろどろになった愛車と共に家路に着くフライフィッシャーでした。
(。・o・。)ノタダイマモドリマシタ ゴシュジンサマ

PS.後日談  狭い山道を車で入ったので、車の横側(前から後ろまで)一直線に枝がコスッタ跡(汗)
      奥さんに見つかる前にコンパウンドを片手にこそこそ抜け出すワタシでした
                       ゴメンなさい・・・(´_`illi)


・・・・おしまい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック