日本酒で乾杯

先日、近くのコンビニでちょっと変わったラベルのお酒を見つけまして。 コンビニのおばちゃんとは仲がいいので 「これは?」と聞くと。 「10月1日は日本酒の日なんですってよ。で、滋賀の酒蔵がみな集まったイベントがあって、そのときに乾杯用に用意されたお酒がこれなんです。」 「おいしいの?」 「これ、一本しか入荷してないんで、私も飲んでないから分からないんです」 即、購入!    (^-ェ-^).oO ( バーカ )   よく見ると、笑四季さんのお酒。 値段もお安かったので純米酒ではないなって分かってたんですが、笑四季さんのお酒なら間違いないでしょ。 今日はお鍋でしたので、息子といっしょに燗していただきました。 笑四季さんらしい、口当たりのいいお酒で、美味しかった・・・でした。  v(。-_-。)vブイッ♪

続きを読む

大津、石山の清酒

私の住む滋賀の大津には、月の里酒造、平井商店、浪乃音酒造という三つの蔵があります。 平井商店さんは大津市のど真ん中の商店街にある蔵で、浅茅生の蔵です。 浪乃音酒造さんはその名の通り浪乃音の蔵で、大津とはいっても堅田という北のほうにある酒造蔵。 いずれも滋賀らしい、小さな酒蔵で、個性的で美味しい、よく飲む銘柄ですが、私の地元、石山地区にある月の里酒造の月の里はそれほど美味しいと思ったことが無く・・・、 ゴメンなさい・・・(´_`illi) 地元だけに近所のコンビニにも一合瓶が置いていて、実は今まで、家に酒がなくなったときの予備のような扱いをしていたんですが。 近所の方が、「月の里の生酒は美味しい」と豪語さているのが気になっていたわけです。 そしたら今日、コンビニで見つけてしまいました。 4号瓶で1400円。 それなりの値段です(汗)。 生酒で原酒となっています。 ただ、清酒であって純米酒ではない。 そう、醸造用アルコールが添加されているわけです。 晩酌でいただきました。 生酒ですが、燗しました。 辛口で、食事には良くあってくれますし、原酒だけに飲んだ後に余韻が残ります。 なるほど、近所の方が美味しいと言うだけのことはあるかも。 純米酒が好きな私にするとちょっと物足りないって言うのもありますが、清酒っていう事で燗を前提とすると良いかもしれません。 生酒はあまり見かけませんが、また見つけたら・・・買うかもね。 (* ̄ー ̄)y-~~…

続きを読む

滋賀の地酒が飲み放題

「滋賀の地酒が飲み放題っていう店を見つけたんですよ!」 3月も末になった頃、後輩のNj君から報告が(笑) 実は、このお店は情報としては知っていたのですが、まだ行ってないお店でした。 4月に入って異動も落ち着いてから行きましょうということで、本日、行ってまいりました。 瀬田にあるギャレ楽座さん。 で、情報をいただいたNj君と、Morちゃん、Kimiちゃんと、いつもの4人で予約したのですが、Kimiちゃん、まさかの直前どたきゃん(汗)。 前日も歓送迎会があったとかで、本日は体調不良(笑) ま、私も人のことは言えず、明日もビール入っているんですけどね。 とりあえず、当日キャンセルもできないのでそのままお店に行くのでした。 さて、そんなKimiちゃん情報で、「同じお店に、今日はうちの職場の○○課の歓送迎会があるらしいですよ。」( ̄▼ ̄|||) ああ、その課って、知ってる顔いっぱいいるし(汗) ま、顔合わせても知らん顔してたらええでしょ、って、思ってたんですけど。 お店に入ると、そのメンバーたち(20人くらいいたかなあせあせ(飛び散る汗))は既に席についていて、私たちが入っていくと直ぐに見つかってしまった(激汗) 「おお!お前らもかぁ!」などという罵声を浴びながら、そそくさと自分達の席に逃げようと思ってたら・・・、 席は、その集団の横 ガ━━━━━━━∑(゚□゚*川━━━━━━━━ン! ハハ...ハハハ(汗) 既に盛り上がっているとなりの集団を無視しながら、こち…

続きを読む

ホワイトデーには・・・とっておきのお酒を

今日はバレンタインデーのお返しを、NomさんMnmくんと私の3人で、近江八幡に探しに来ました。 近江八幡? でしょ(笑)。 バレンタインデーに私たちのようなおっさんにチョコをくれるのって、「いつもの飲み友」しかいませんから、お返しもやはりそれなりのお酒ってことになりますよね。 で、今回はMnmくんが見つけてきた近江八幡市の西勝酒造さんを訪ねることにしました。 で、まずはどんなお酒なのか飲んでみないと(笑)・・・ということで、隣にある酒遊館へ。 ( ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄)ニヤリ 蔵を改装してあるんでしょうね。.+゚.+゚(o(。・д・。)o).+゚.+゚ テ-ブルも樽を使ったテーブルやらゴツゴツした木を使ったテーブルやら、趣があります。 メニューには何やら興味深いものがありますね~(笑) もちろんそれでしょ。 利き酒セット! (´・ω・`)))そぉーだぁょねーーw 西勝酒造さんでつくられている(た?)お酒が5種類。 過去形になるのは、もう造られていないのだとか。 古酒はますます古酒になっていく? ともかく、このお酒を飲めるのは在庫だけ、ということなのかも。 まずまずのお値段がする利き酒セットですが、お酒は右から「貴醸酒 湖東富貴(ことぶき)」「純米大古酒 八幡十年酒」「純米ハートランド」「本醸造 湖東富貴」「純米吟醸 さかやうた」 肴は赤こんにゃくと鮎の稚魚ときゃら葺。 やはり、肴とあわせると純米酒は際立ちます…

続きを読む

草津の地の酒、天井川

近くのコンビニ(大津市内)で見つけたので買ってしまいました。 天井川(古川酒造) 本来の地元(草津)で買えば純米や、原酒などさらに美味しい種類もあるのですが、コンビニではこちらの本醸造しか買えません。 味はといえば、・・・よく言えば日本酒らしい香り(笑)。 苦手な人は苦手かも。 私は好きです。燗にすると味がふくらむ感じですね。 もちろん、原酒や、純米の生酒になればまた違う感想になるかも知れません。 天井川というネーミングは草津ならでは。 今は廃川となった草津川ですが、珍しい天井川(家の天井より高いところに川底があるという意味らしい)だったことから、昔は社会の教科書に載ってたほど有名な川なんですよね。 実はわたしは草津の小学校に通っていましたから、社会の授業で詳しく聞かされたものです。 お酒の話に戻すと、この天井川は地元の酒販店が企画して出来たお酒だそうで、古川酒造は明治以前からの酒蔵だそうですが、この天井川はまだ出来て新しいお酒です。 無農薬米を使用しているところが売りのようですね。 機会があれば蔵にもお邪魔したいものです。

続きを読む

クリスマスの夜。日本酒を送る・・・。

メリークリスマス! *<(*´-`)o∠※PAN!"。・:*:・゚Merry Christmas♪ 以前ならクリスマスツリーを飾り、クリスマスケーキを食べてイエスキリストの誕生日を祝う(?)なんて事をしていたのですが、子供も大きくなるとそんなことは無縁になりますよね~。 昨日のイブなんか、夫婦で即席の回鍋肉と冷凍餃子。  ワインどころか、いつもの第三のビール。 うちの奥さんが鶏肉嫌いということで、ケンタッキーすら食卓に並ばない(笑) 息子はバイトで遅くなるとかで(ホントかね。彼女が出来たんじゃないの?)、なかなか帰ってこないし。 クリスマスっていう雰囲気はないですよね。 (´Д`;)/ヽァ・・・ 都会なら街中のイルミネーションが賑やかになったりして、雰囲気が盛り上がるんでしょうか。 さて、前置きが長くなりましたが、(前置きだったのか・・・) ( ̄ー ̄; ヒヤリ 先日15年ぶりに出会ったFjくんに、酔った勢いで「滋賀の地酒を送る」と、言ってしまったので・・・。 仕事の帰りにいつもの「よしの」さんに立ち寄ってきました。 「2本送れ」ということだったので 一本はいつもの「一博」。これは外せない(笑)。 もう一本は「大治郎」にしました。そ、東近江の畑酒造さんのお酒ですよね。 一博は中澤酒造さんのお酒ですが、畑酒造さんの蔵を借りて一博を造っているのです。 でも、それぞれ個性があって美味しいんですよ。 Fjくん、喜んでく…

続きを読む

D7で、・・・七本槍(御礼)

先日の「はじめのいっぽ」で、そろそろ終わり・・・って頃にいただきました。 Hit-meちゃん、ありがとう。 「いつもお世話になります。」って、こっちのセリフなんですが・・・(汗) 燗でも冷でもいけるって、わざわざお店で聞いてきてくれたんですよね。 感謝!感謝です。 七本槍(ひちほんやり)は、冨田酒造の滋賀のお酒。 賤ヶ岳の合戦から名前を取られたこの酒蔵、江戸時代から続く老舗。 魯山人がこちらに逗留して、こよなく愛したお酒ということでも有名です。 ま、こちらのホームページを見ればすぐに分かることなんですが(汗) とにかく美味しいお酒なんですが、こちらもあちこちで置いてるお酒ではないので、ありがたくいただきます。 ありがとうね O(≧∇≦)O イエイ!!

続きを読む

酒と語りと・・・師走突入!

今日から師走。 日曜の今日は、毎年の恒例となった「酒と語りと醸しと私」があります。 そ、滋賀の地酒を造る酒蔵の方達と酒屋さんやサポーターが一堂に会して行われる、滋賀の地酒大好きの人にはたまらない企画。 毎年まだ暑さが残る時期に開催されてましたが、今年はそんなことも考慮されたのか、少し寒くなったこの時期に開催されました。 事前に開催の公告がされ、1週間後くらいに申し込んだのですが、それから数日後には「予定数に達しました」との事でした。 年々人気が出てきたようですね。 (ー△ー;)エッ、マジ?!!! 実は、めずらしく午前中に仕事が入ったものですから、お昼ご飯を「餃子の王将」で取ったのですが・・・ 昼からのお楽しみが待ちきれず(汗) ビールいただいちゃいました。  ふぁ~ぃ☆L(´▽`L )♪ 「酒と語りと・・」の開催時刻は14時から。 今回一緒に行くのはいつもの飲み仲間6人ですから、イベントの後はそのまま忘年会に突入! というわけで、15時に会場入りすることになりました。 ですので、私も少し時間があるので 石山寺の紅葉を  (^。^)y- .。oO 風流ですな~ さて、待ち合わせの時刻通りに会場に向かうと、・・・もうみんな入って飲んでいる(汗) (あ、みんなじゃない。一人だけ遅刻してたっけ・・・) 今回の企画は、プロの料理と日本酒のマリアージュ 出品リストは、喜楽長:六方絞りたて生酒(喜多酒…

続きを読む

金亀純米吟醸

滋賀の地酒をいただきました。 彦根城主、井伊家からの命で酒造りをはじめられた岡村本家が醸したのが「金亀」です。 「金亀」は彦根城の別名「金亀城」(こんきじょう)から名付けられ、読みは「きんかめ」とされたそうですが、岡村本家は豊郷町(当時は彦根藩領)にあります。。 米は近江米、水は鈴鹿の伏流水と、こだわりを持ったお酒造り。なんて言うウンチク好きにはたまらないお酒なんです(笑) 同じ滋賀でも、湖南に住む私には普段あまり酒屋で見ないお酒ですが、地酒の集まる会などで出品されていれば、必ず手を出すお酒なんです。 ありがたくいただきます。

続きを読む

上原酒造 不老泉

先日、石山商店街を歩いていましたら、古い酒屋を見つけまして、ヒョイと中を見ると4合瓶の不老泉がズラリと並んでいるではありませんか。 これは、買え!っていうことですよね。  ( ̄乂 ̄)ブーッ! 4合瓶ですから、少々割高な感もありましたが、冷蔵庫に入れるならちょうど良いサイズです。 山廃三年熟成原酒・・・通称「赤ラベル」 滋賀の地酒で何かガツンと来る個性のある酒、と言われるとやはりこの酒なんでしょうね。 何が違うかって、飲んでみないと分からないんでしょうが、三年熟成、と、言うところがミソなのかも。 絞った時にはカドが立ちすぎてとても飲めないようなお酒を、三年おくことで美味しいお酒にするというような事を聞いた気がします。 何でも新しい方が良い・・・、という訳ではないようで。 なにか、反省させられる私なのです。 (´-ω-`;)ゞポリポリ

続きを読む

しぼったそのまま。。。

このお酒。いただきました。 v(。・・。)イエィッ♪   先日の極寒の金勝山寒中水泳大会・・・、いやバーベキュー大会で同じ幹事会のU-can君から、「僕、家では日本酒飲まんし」と、いただいたのでした。 その様子を見ていたバーベキュー参加者のなかでこのお酒を知っている者の中から若干のブーイングが起きていましたが、そんなことはモノともせず(汗)、ありがたくいただきました。 このお酒。滋賀県湖南市甲西町の旧東海道沿いにある北島酒造さんの看板酒「御代栄」のシリーズの中に位置する「しぼったそのまま一番酒」です。 原酒で、生!(汗)  でも、平和堂でも普通に棚に置いてあるけど・・・ (・・?) 冷所に保管下さいと注意書きがされますが、我が家の冷蔵庫には入りません。 (ノД`)・゜・。 残念! でも、高価なお酒です。ユックリ楽しませていただきます。 ありがとうございま~す。 。" ゚☆,。・:*:・゚★o(´▽`*)/♪Thanks♪\(*´▽`)o゚★,。・:*:・☆゚" 

続きを読む

滋賀、大津のお酒

ようやく暖かくなってきました。 これからはビール・・・いや、冷酒の季節ですよね。 そんな訳で・・・  ε-(;-ω-`A) フゥ… ドンナ? 浜大津の商店街の中にある平井商店さんの浅茅生。 昔は大津市内にもたくさんの造り酒屋があったそうですが、今はここだけ?のようです。 ただ、私の独断の嗜好で言えば、この浅茅生っていうお酒。かなりそのつくった年で差があるようです。 以前に純米酒を買った時、これは美味いと思ったんですけど、次はそうでもなかったり(汗)。 ただ、口の肥えたウチの小皇帝に飲ませたところ、・・・「あっさりして、美味しいやん」との事でした。 私の舌が鈍ってきたんでしょうかね。 と言うより、私の場合、もっとクセのあるお酒が好きなんですよね。 そう言う意味で、滋賀のお酒は好きなんですけど  ε- (-●_-`o) フ-ン…

続きを読む

おっさんからのホワイトデー!

さて、先の土曜日に買い出しに行ったホワイトデーの贈り物。 飲み友からもらったバレンタインのお返しですから、やはりこれ! 三人の女性から男三人がもらってましたから、男三人でそれぞれ一本・・・。 一緒に買いに行ったMnmくんも、「自分ではよう買わんな(汗)」という代物です。 中身は、喜多酒造さんの天保正一(喜多酒造さんの以前の能登杜氏の名前がお酒の名前に!)大吟醸。 確かに、人に贈ることはあっても、自分用には手が出ませんね(笑)

続きを読む

新潟から

私のブログUPも、久々やな~ だって、な~んにも話題がない日々を過ごしていましたから。 (-_-)ノシ・・・ハァ・・・ そんなある日・・・(今日だよ!) うちの係長が新潟に行ってきたとかで、お土産くれました。 新潟のお酒です。 な~んか、最近 私へのお土産とか、、バレンタインのプレゼントとか、お酒? そ。  O SA Ke。 ・・・なんですよね。いいんですけど(笑)  

続きを読む

金亀!

先日の滋賀の地酒のイベントで・・・、いやもう少し前からではありますが気になっていた滋賀の地酒。 金亀目 今日、仕事帰りにいただいてしまいました。 Hnoさんから。 いや~帰りがけに、「おみやげです」って、いただいたんでびっくりしました。 多賀に出張だったようです。ありがとうございます。 受け取った時は何が入っているのか知らなかったんですが、家に帰って袋を開けてみて・・・、Hnoさんがくれたわけがわかったような気がします(笑)。 金亀は彦根のお酒。 ここのウンチクもなかなかのもんですよ。興味のある方はホームページをご覧ください。 私もゆっくり楽しませていただきます。ありがとうございます。

続きを読む

酒と語りと醸しと・・・H24

今日は浜大津で開かれる年に一度の滋賀の地酒のとある祭典「第3回 酒と語りと醸しと私」に行ってきました。 (б-б*)オヒサ♪ 今年、滋賀の地酒関連のイベントに参加するのは三回目。「滋賀の地酒きき酒会 at プリンスホテル」に始まり、「松の司きき酒会 in ホテルニューおうみ」、そして今回の「第3回 酒と語りと・・・」。 そう言えば、いつも4人くらいのお仲間と参加してますが、常にHa姉御はいらっしゃいますね。本来ビール党の彼女も日本酒に目覚めたか・・・(笑)。 本日の参加は、その姉御と、餌釣り師Nomさん、そして若いHnoさん。 浜大津の旧公会堂で開催された「第3回酒と語りと・・・」・・・・、ん?第3回? 私は初回から皆勤で参加してるって事ですか。 (⌒・⌒)ゞイヤァ 今回のサブテーマは「近江の女がもてなし、男が支える、滋賀の地酒を味わう会」とか。企画も毎年グレードアップしていて、今日も楽しみです。 システムは事前に参加申し込みしておいて、入場料は500円。これで、試飲用のグラスが貰えます。 中に入ると100円券が十一枚綴りのチケット(1000円)を購入し、チケットでそれぞれのブースに行ってグラスにお酒を入れて貰います。 参加している蔵は16。湖南、甲賀、東近江、湖東湖北、湖西と各ブロックに分けてブースを作っていらっしゃいました。 私のお気に入りは何と言っても「不老泉山廃仕込み純米吟醸亀の尾無濾過生原酒」。やっぱ旨いです。  ~~旦_(。-_-…

続きを読む

近江八幡酒紀行 松の司

9月に大津のプリンスホテルであった「みんなで選ぶ滋賀の地酒会」に参加できなかったKhさんからのお誘いで、今日は近江八幡駅前のホテルニューおうみで開催される「松の司きき酒会」に行ってきました。 メンバーはもちろん、Khさんと、いつもの飲み仲間Haさん、そしてMn君の4人。 「松の司」と言えば、今や滋賀の地酒の中でも最もメジャーな地酒なんではないでしょうかね。竜王町の松瀬酒造さんのお酒です。 大吟醸がどうのとかいう印象ではなくて、特別本醸造酒など一般向けによく飲まれるお酒でも十分に美味しいお酒を造る酒蔵っていう印象です。 ですから、純米酒好きの私もここのお酒を飲む時は、純米酒にこだわらずに飲むことができまるんです。 んなことはどうでもよくって、 (o;TωT)o"ビクッ 本日は入場料500円だけを支払うと、14種類の「松の司」がいただけるという事で喜んで行ってまいりました(笑)  14時開場。 主催者側の簡単なご挨拶があってから、順次飲み始めます。 無料の14種類の他にも、特別高いお酒とか、普段市場に出回らないお酒とかは有料(200円)で飲ませていただけるとかで、こちらも私以外の3人がチケットを握りしめ購入   YAH♪☆0(^^0)*^^*(0^^)0☆♪YAH 私もおこぼれをいただきました。  〃 ̄∇)ゞアリガトォーーーーーーーーーーーーーーー♪ どれを飲んでも「外れ」なし!って、当たり前か(爆) でも、これだけ飲む…

続きを読む

日本酒 ひとりじめ

先日、飲み友達のKhさんが滋賀の酒蔵の多くが参加する頒布会を申し込んだんですが、数あるお酒の中、お気に入りのお酒があったそうです。 その名前を教えてくれたんですが、近くのコンビニで見つけたので買ってしまいました。 なるほど、香りも良いし、飲みやすいですね。 北島酒造さんの「ひとりじめ」。 低温で貯蔵した生酒を蔵出ししたとっておきのお酒だそうです(北島酒造HPより)。 醸造酒ですが、悪酔いせずに飲めそうです(笑)

続きを読む

滋賀 地酒の祭典 Part1

ちょくちょくチェックしている酒屋さんのブログで、ちょっと変わった企画の記事を見つけたので申し込んでみました。 第6回「滋賀 地酒の祭典」みんなで選ぶ滋賀の地酒会 v(=∩_∩=)ブイブイ!! 内容はといえば、今回については県下の全酒蔵が総数81点の市販酒を出品し、それを一般のお客さんベースの私たちが「きき酒」して、どれが美味しいか選ぶというもの。 通常のお酒の品評会はその道のプロが審査し、出品されるお酒も出品専用酒というもの。今回は市販ベースと言うところが良いですよね。 私がいつも飲んでるお酒も当然出てくるようですし、いろんなお酒が楽しめるのも楽しみです。 200名程度が定員と言うことで、職場のMnm君やいつもの飲み仲間にも情報提供。早めに申し込んだこともあって、うちの職場から4人エントリーをしたのでした。 さて、当日。 Mnm君は仕事がはいってこられなかったのですが、代役も立て(笑)、Ha姉御、Hnoさん、Ygさんと私。女性3人男1の何とも強烈な構成となったのでした。 会場に到着するといかにもお酒の好きそうな方々が満を持して対峙されています ∑(=゚ω゚=;) マジ!? 先に行われていた「きき酒王決定戦」(40名の挑戦者が7種類のお酒をききあてする競技)に参加されていた方々もここから合流です。 ですから、・・・既に良い感じの方も(笑) 会場の後ろの方にはテーブルが4列。お酒の銘柄が分からないようにマスキングされて…

続きを読む

滋賀の地酒 「大治郎」純米火入れ

今日は毎月恒例の「浜大津こだわり朝市」の日。 私の場合、この朝市に行く一番のお目当ては浜大津の小川酒店さんと酔醸会が出している滋賀の地酒コーナー。 本日の地酒は吉田酒造さん(高島市マキノ)の「竹生島」だったんですが・・・。 9時過ぎに行ったんですが、この地酒のコーナーだけは超混雑 ; ̄ロ ̄)!! しばらく待つもなかなか出番が回ってこず、あまり待つのが好きでない私は早々に諦めていつもの「よしの」さんに行く事にしました。 青森の友達に送るお酒も買わないといけなかったんで、ちょうどよかったんですけど。  (゚-゚;)ヾ(-_-;) オイオイ... さて、青森のKimさんとYnさんには、前回私が買ってメッチャ美味しかった「琵琶の長寿」の手絞りっていうチョット贅沢なお酒を送る事にしました。 で、わたしはここでも売っているはずの「竹生島」を探したんですが・・・・(汗)  ・・・ない!  ガ━━(゚Д゚;)━━ン! でも、他にもいいお酒を見つけました。   「大治郎」東近江市の畑酒造さんのお酒です。 このお酒を見て「一博」も同時に思い出す人は滋賀の事情通ですよね。 そう、一博(かずひろ)も同じ東近江の酒蔵「中澤酒造」さんのお酒ですが、杜氏の一洋(かずひろ)さんが畑酒造さんの蔵でお酒を造ってるんです。 今日、私も大治郎を買う時、「一博とどっちがどうなんだろう」って、口に出してしまったんですが、「大治郎の方が酒度が高いですから、濃いお酒が好きな人は…

続きを読む